英会話習得に必要な時間は3000時間?それよりも方法論が大事!

どうも、すけさん(‎@diveintoenglis1)です。

英会話習得には3,000時間が必要で、中高の6年間で1,000時間は学習済みだから、残りの2,000時間をがむしゃらに頑張れば良いと言う主張をされる方がいますが、

はっきり言ってこれは完全に間違っています。

なぜなら、学校の英語教育は英会話に全く役に立たないから。

日本人が学校で学んでいるのは英語ではない

現在の日本人が学校で学んでいる英語は、英語ではありません。

それは英語に似た日本語です。

学校の英語教育でやっていることを挙げると、以下のようなものが思い浮かびますよね?

・英文和訳(以下の英文を日本語に訳しなさい)

・和文英訳(以下の文章を英語に直しなさい)

・ローマ字の学習

・英語ではなく日本語での授業(教科書の英文を読む時だけ英語)

もしこれらが英会話学習に役立つ方法であるならば、中1よりも中3、高1よりも高3の方が英会話がスムーズに出来るはずですが、両者の英会話力の違いはほとんどありません。

では両者の違いは何か・・・?

それは、「英語を日本語に訳すスピード」です。

英語を日本語に訳した時点で、元の英文の意味とは大きく意味がズレますし、果たしてそれは英語を学んでいると言えるのでしょうか?

英会話力向上には何の役にも立っていませんよね。

「英語を日本語に高速に訳せる力」が必要だったのは、昔の日本の話。

先進国の技術や思想を日本に取り入れ、日本の国力を発展させるために、外国の書物に書かれた内容を正確に日本語に訳す必要がありました。

だから当時はリーディング力さえあれば問題なかったんです。

でも今はどうでしょうか?

日本は既に先進国になり、他国から学ぶというよりも、日本の良さを世界にアピールする時期に来ています。

少子高齢化の波が止まる可能性は0に近いですし、国力を維持するには積極的に外貨を稼いだり、日本への移民を増やす必要があります。

そんな時に必要な英語力とは何でしょうか?

外国の書物を高速に日本語に訳し、理解することでしょうか?

違いますよね。

これからの日本に必要な英語力は、自分の意思を相手に正確に伝えるスピーキング力であり、相手の意図していることを正確に理解するリスニング力です。

これらの力を身につけるための方法論として、学校の英語教育は最悪の選択肢です。

中高で6年間も学んだのに英会話ができないんじゃありません。

中高で6年間も学校英語を学んでしまったから、英会話ができなくなってるんです。

これは学習時間の問題ではなく、学習方法の問題です。

では、英会話を身につけるために効果的な学習法は何なのでしょうか?

英会話力を身につけたければ、イメージと英語を結びつけよう!

僕も最近まで、英会話力を上げるための効果的な方法が分からずに迷走していましたが、やっと効果的な学習法に出会いました。

それは、「イメージ(状況)と英語を結びつける」こと。

この方法を提唱されているのが、英会話講師である「金沢優」さん。

彼はTwitter(@eigo1201)やブログでイメージと共に英語を紹介されていますが、今までの学校英語とは違って、自分の頭にスッと入ってくる感覚があります!

僕は時間さえあれば、彼のブログやTwitterで学習して、自分の日常を英語で表現できるように練習していますが、毎日自分の英会話力が向上しているのを感じています。

僕と同じように学校英語で苦しみ、英会話力をupさせる方法に迷っている方は、ぜひ彼を参考にしてください。

共に英会話力upを目指して頑張っていきましょう!

関連記事

悩んでる大学生に伝えたい、『短期でも良いから留学に挑戦すべき理由』