英語の勉強に洋楽が向いていないと断言できる3つの理由

どうも、けさん(@diveintoenglis1)です。

あなた

あなた
英語の勉強に洋楽って効果的なのかな?

と思ったことはありませんか?

僕も以前はそんな疑問を持っていたのですが、今は洋楽で英語の勉強をするつもりはありません。

今回の記事を読めば、なぜ英語の勉強に洋楽が向いていないのか分かるようになりますよ。

英語の勉強に洋楽が向いていない理由①発話速度が遅い

英語の勉強に洋楽が向いていない理由の1つ目は、「発話速度が遅い」こと。

もちろん早めのテンション高い曲もありますが、どうしても歌という特性上、ネイティブの普段の会話速度より遅くなってしまいます。

あなた

あなた
発話速度が遅いとダメなの?

という疑問をお持ちの方もいると思いますが、遅い英語の速度に慣れてしまうと、ネイティブの普段の発話が聞き取れる日は永遠に来ません。

僕も以前は洋楽を聞いたり、TOEICのリスニング教材ばかり聞いていました。

そんな時にふとネイティブの普段の発話音源を聞いてみたんですが、笑っちゃうくらいに聞き取れませんでした。

その出来事があってから、僕は早い速度の英語を意識的に聞くようにしています。

そうすることによって徐々に耳が慣れ、ネイティブ速度の英語も聞き取れる英語力が身についてきます。

ネイティブ速度の英語を無料で楽しく聞ける手段として僕がオススメしているのが、「海外YouTuberのゲーム実況を見る」こと。

洋楽は趣味にしておいて、英語の勉強はYouTubeでしましょう。

英語の勉強に洋楽が向いていない理由②聞き流ししてしまう

英語の勉強に洋楽が向いていない理由の2つ目は、「聞き流ししてしまう」こと。

洋楽って勉強の感覚がないので続けるのは苦ではないのですが、逆に真剣に聞けないんですよね・・・笑

最初は真剣に聞いているつもりでも、気がついたらBGMになってたり。

それでいて、なんとなく英語の勉強をした満足感は得られてしまうので厄介なんです。

たまに勘違いしてらっしゃる方がいるのですが、英語の「聞き流し」は無意味です。

「ずっと英語を聞いていれば、ある日とつぜん英語が理解できるようになってた!」なんてのは夢物語なので真に受けないでください。

でも英語の「流し聞き」は効果的です。

ですので、どうしても洋楽で英語の勉強をしたいという場合は、意識を集中して「流し聞き」するようにしてください。

英語の勉強に洋楽が向いていない理由③BGMがうるさい

英語の勉強に洋楽が向いていない理由の3つ目は、「BGMがうるさい」こと。

英語の効果的な勉強法の1つにディクテーション(聞こえてきた文字をノートに全て書くこと)がありますが、洋楽の場合はBGMがうるさいので不可能です。

あなた

あなた
BGMがうるさいくらい気にしないよ

と思われるかもしれませんが、これが結構イライラするんですよね・・・笑

英語の勉強が大好きな人もいますが、世の中の大半の方はなるべく勉強したくないでしょう。

そんな人が英語を勉強しようとするだけでも負担がかかるので、なるべく自分の気持ちを削ぐ要素は除外すべきです。

自分にかかる負荷を最小限に抑えつつ、英語の勉強をしていきましょう。

英語の勉強に洋楽が向いていない理由のまとめ

今回の記事では、英語の勉強に洋楽が向いていない理由を3つ挙げましたが、復習のためもう1度まとめておきましょう。

▼英語の勉強に洋楽が向いていない3つの理由

①発話速度が遅い

②聞き流ししてしまう

③BGMがうるさい

以上の理由から、僕は洋楽はオススメできません。

洋楽は自分の趣味として聞くのがいいと思います。

すけさん

すけさん
洋楽よりYouTubeで英語の勉強しましょう!

関連記事

悩んでる大学生に伝えたい、『短期でも良いから留学に挑戦すべき理由』

外国人恐怖症を克服するために高野山に行ったら素敵な出会いがあった話

英語のリスニング勉強には海外YouTuberのゲーム実況がオススメな3つの理由

英会話習得に必要な時間は3000時間?それよりも方法論が大事!

【口コミ】英会話講師直伝!NativeCampの効果的な活用法